予防保全

機械・設備の障害からビジネスを守る

突然の機械・設備の故障は業務効率の低下につながり、
場合によっては失注や利益の損失につながってしまいます。
技術障害を防ぐためには「予防保全」の実施が必要です。
対象業種:製造・医療・エネルギー etc

予防保全を活用する4つのメリット


計画外のメンテナンスを回避

故障を予測することで、予期せぬ障害に対するリスクを小さく抑えられます。


メンテナンス計画の改善

メンテナンス計画を最適化できれば、費用抑制、資源分配、修理時間の削減につながります。


メンテナンス費用を抑える

過剰なメンテナンスに無駄な費用をかけることなく、必要な時に必要な機械・設備を修理します。


故障要因の分析

故障の要因を見つけ出し、取り除く等の処置を施せば、故障率を低下できます。

予防保全に関する詳細なソリューションは以下のスライドをご参照ください。
トップへ戻る